じゃらんゴルフ > コンテンツトップ > 初めてのゴルフ > 持ち物 > スコアを決める意外なゴルフの持ち物・小物たち

スコアを決める意外なゴルフの持ち物・小物たち

どのようなスポーツでも、見た目の楽しさと、プレーの結果を決めるのは、持ち物と小物たち。こだわりを持って選びましょう。

身体とクラブを繋ぐグローブは、ファッション性よりもフィット感で

ゴルフグローブは、ゴルフクラブがすっぽ抜けないための滑り止めです。つまり、身体とクラブの一体感を図るジョイントがゴルフグローブです。グローブを選ぶ際に、重視すべきことは、手に良く馴染むサイズであること。少しサイズが小さい位の方が、手にぴったりしてフィット感があるといえるでしょう。逆に、素材やデザイン性、ファッション性を重視して、グローブを決めるのは避けたほうがいいでしょう。
また、コースで使うグローブは、新品よりも何回か練習場で使ったものがいいでしょう。
何度か使ったものの方が、どんなものでも、身体に馴染んでいきます。それは、どのような素材であれ、身体の動きに合わせて少しずつ形が変化していくからです。

プロでもスコアを左右するのが、ゴルフボール

ゴルフボールは、ブランドだけで選ばないようにしましょう。一番いいのは、ロストボールでいろんなブランドのボールを試してみること。飛距離が出るボールがわかったら、それを信じて、そのブランドのものを使っていきましょう。飛距離を重視されるなら、「中弾道の低スピン」で打つのが、最も良く飛ぶといわれています。そのような打ち方は、ダウンブロー・アッパーブローで打ち込むのではなく、レベルブロー(水平)にして打つようにするのがコツです。

よく、好きなプロゴルファーが使っている、もしくは契約しているメーカーのボールだからといって、それを選ぶ傾向がありますが、それはあくまで、そのゴルファーがいいと判断したブランド、メーカーのボールです。それがあなたに相応しいボールとは限らないため、あくまで参考レベルでみましょう。ボールは個々人の好みが結構でてくるものです。そのため自分の感性を信じて、じっくりと選びことをお勧めします。

コースによってはキャディバッグにもこだわりを

ゴルフ道具を入れて運ぶキャディバッグ。そのキャディバッグにも、こだわりが必要です。それは運びやすさを重視し軽量タイプのものがいいということです。
今のゴルフ場は乗用カートで各ホールをラウンドするのが一般的なので、あまりキャディバッグが軽量である必要はなくなりつつありますが、今でも、名門と呼ばれるゴルフコースは、乗用カートでラウンドできるようにゴルフ場が整備されていないものが多いのです。そのようなゴルフ場でラウンドする事もあるかもしれませんので、昔ながらの手引きカートに載せたり、キャディバッグを肩に担いだりできる、軽量タイプのものを選んでおいた方がいいでしょう。そして、いつかは名門コースでプレーする自分自身を想像して練習に励んだ方がいいのではないでしょうか?

ティ・マーカー・ボールケースなども揃えよう

最後に、ゴルフティーやマーカー、ボールケースは、プレーする上で必要な小物です。しかし、ほかの用具に比べると、機能に対するこだわりは必要ないかもしれません。むしろ、自分の気に入ったデザインや素材、色を選ぶ自由さがあります。

ゴルフティーは、必ず回収するようにしましょう。そのままにしておくと、後続の組のゴルファーがケガをする危険性もあります。ボールケースは、暫定球を打つ事を想定して、身体に装着できるタイプの物を選ぶことがポイントです。

マーカーは、ゴルフ場が配布しているグリーンに刺すタイプのものがありますが、これはグリーンを傷つけることになるため、あまりお勧めできません。置くタイプのものを選びましょう。

じゃらんゴルフ編集部
じゃらんゴルフは、ゴルフ場予約も可能なゴルフ場情報サイトです。参画ゴルフ場が提供するプレープランが、インターネットで簡単に予約できるほか、会員による口コミ投稿など、ゴルフ場全般に関する情報が満載です。プレーの際にはぜひご利用ください。
ランキング初めてのゴルフ(持ち物)の人気記事
  1. 1
    no image
    2015.10.30
  2. 2
    no image
    2015.10.30
  3. 3
    no image
  4. 4
    no image
  5. 5
    no image
    2015.10.30
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑