ゴルフグローブはフィット感で選ぶと間違えなし!

ゴルフグローブはフィット感で選ぶと間違えなし!

1901k

ゴルフグローブは、機能性とフィット感で選びましょう。ファッション性は、二の次です。

男性ゴルファーは、ゴルフグローブを片手しかつけない人が多い傾向になります。ビギナーには理解できない方もいるかもしれません。
まず、ゴルフをやるときになぜ、グローブをつける必要があるのでしょうか。それは滑り止めのためです。

ゴルフクラブのグリップは、右利きの場合、左手で握って右手は左手にそえるようにして持つので、実質的には、左手一本で握っているようなものです。
左手の握り方が弱いと、ゴルフクラブが滑ってすっぽ抜ける可能性が出てきます。それを防ぐために、滑り止めとなるグローブを左手だけにつけるのです。そのため、右手はそえる程度なので、つけない人も多いというわけです。

ただし、女性は両手にグローブをつける方もいるよう。握力が弱くて、クラブがすっぽ抜けるのを防ぐために、両手にグローブをつけるのです。

素材やデザインよりもフィット感が大切

1902k

スポーツには匠の技のような感覚も大切です。そのような感覚を養い、味わうためには、グローブはいらないというゴルファーもいます。実際、僅かな感覚やフィーリングが大切といわれているパターでは、素手の感覚を重視するために、ゴルフグローブをつけないゴルファーもいます。

グローブを選ぶ際に、どのようなことを重視するべきなのでしょうか?
まず、手に良く馴染むサイズであること。少しでもブカブカしているものは、手に馴染むグローブとはいえません。少しサイズが小さい位の方が、手にぴったりしてフィット感があるといえるでしょう。

本革や人工皮革、中には保温性のあるウレタンなどを使用したグローブがありますが、素材やカラー、デザインはあまり重要ではありません。グローブ本来の機能をはたすことが一番大切なことなのです。

クラブと手の一体感で選ぶ

1903k

サイズの次に選ぶポイントは、クラブとの一体感です。実際にクラブを握ってみた時に、不自然な感じがするものは避けたほうがいいでしょう。

不自然な感じとは、握った時に感じる圧迫感や引きつるような感覚のこと。そのような感覚があるものは、フィット感はあっても、あなたの手の動きに合わないグローブです。手を動かさない時はフィットしていても、クラブをグリップしてスイングした時に、クラブとの一体感が得られないグローブは避けたほうがいいでしょう。

グローブは、クラブをスイングしている時に、ゴルフクラブと身体をジョイントする役割を持っています。だからこそ、滑らず、フィット感があって、クラブとの一体感を得られるものでなくてはならないのです。

また、プレイする際には1枚ではなく、数枚のグローブを用意しておくといいでしょう。スイングの際は思わぬ力がかかるもの、破れたり、綻びたりすることがあります。そのためスペアの用意が大切です。また雨の日のプレイで濡れてしまったグローブは、1ラウンドで何回か取り換えるのもいい選択です。

新品よりも何回か練習場で使ったものの方が、コースでいい結果を出せる?

1904k

最後に、コースで使うグローブは、新品よりも何回か練習場で使ったものがいいでしょう。その理由は、新品の靴を履いて出かけると、足に馴染まず歩きにくいのと同じです。身体に馴染むと判断したものでも、何回か慣らしてから本格的に使った方が、いい結果が出るでしょう。

ただし、あくまでもグローブは消耗品です。使い込めば穴が開いたり綻びたりします。いくら使い勝手がいいとはいえ、それではグローブの役をはたしません。薄くなったり、本革の場合だと硬くなったりしてきたら新しいものと交換するのがいいでしょう。使い始めは少々硬くてひきつり感があるかもしれませんが、すぐに伸びてぴったりフィットするはずです。

じゃらんゴルフ編集部
じゃらんゴルフは、ゴルフ場予約も可能なゴルフ場情報サイトです。参画ゴルフ場が提供するプレープランが、インターネットで簡単に予約できるほか、会員による口コミ投稿など、ゴルフ場全般に関する情報が満載です。プレーの際にはぜひご利用ください。
ランキング初めてのゴルフ(持ち物)の人気記事
  1. 1
    no image
    2015.10.30
  2. 2
    no image
    2015.10.30
  3. 3
    no image
  4. 4
    no image
  5. 5
    no image
    2015.10.30
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑