じゃらんゴルフ > コンテンツトップ > クラブ別上達レッスン > パター > パター初心者の練習法・上達法 -ゴルフ悩み解決&上達体験談

パター初心者のための上達法

ウォーキングベア
  • AGE:30代男性
  • AVERAGE:80-89
  • CAREER:16年

パター初心者が自信を持てるようになる練習法

ゴルフ初心者であれば、誰しもグリーン上で行ったり来たりした経験があると思います。そんな方でもパターに自信を持てるようになる簡単な練習法とコツをご紹介しましょう。まずボールを置く地点にマーカー①を置き、それを中心に右足の踵と左足のつま先をマーカー①に合わせます。次にその状態で右足のつま先にマーカー②を、左足のかかとにマーカー③を置きます。これで、自分の足2つ分を基準とした振り幅ができます。

あとはパターで素振りをしてそのマーカー②~③の振り幅を体で覚えます。素振りの際のコツは、「トップとフィニッシュに注意する」ことです。素振りが安定したら実際にボールを打って、まっすぐ同じ距離を転がるような一定の力加減を覚えます。
 
打つ時のコツは手先で小細工しないでクラブを「振る」ことに集中することです。これで自分の中で基準となる距離感ができます。距離は必ず歩幅で確認しましょう。慣れてくれば、半分の振り幅や1.5倍の振り幅の練習にも取り組みます。この練習法は家でもゴルフ場でもどこでも気軽に行えます。自信がつけば1mのパットを外すことは減るので、スコアアップにつながります。ゴルフが一気にうまくなる上達法はありません。日々の努力がモノを言いますので、頑張って脱初心者を目指しましょう。

馬場ワトソン
  • AGE:30代男性
  • AVERAGE:100-109
  • CAREER:10年

自宅で安価・手軽にできるパター上達法

ゴルフをはじめたばかりの頃、パターをバカにしていました。ボールを転がすだけなんだから練習する必要ない、それよりドライバー・アイアンの練習法だ、と思っていたんです。しかし上級者と回ってみてわかったのは、「スコアがいい人はみんなパターがうまい」ということ。そこでパターを練習しようと一念発起しました。でも本物のグリーンで練習できる環境はありません。さてどうすればいいのでしょうか。

まず、パターがうまいとはどういうことか考えてみました。シンプルに考えると、パターが入るためには2つの要素が必要です。
1 グリーンのラインを読める。
2 ねらった方向にまっすぐ打てる
当たり前ですが、ここをきちんと押さえておかなければ上達はあり得ません。1は本物のグリーンで経験をつまなければならないものです。そこで私はパター練習の目的を2に絞り、自宅でも簡単にできる上達法を考えました。パターマットもいらない安価な方法です。

それはとっても簡単。床のフローリングの板目に沿ってまっすぐ打つだけです。しかしやってみると意外と難しいことがわかると思います。特に私のようなパター初心者はねらった方向にいかなかったり、曲がったりします。原因はアライメント(ねらった方向とフェース面が直角になること)が正しくとれていなかったり、ボールを順回転で転がせていない可能性があります。そこで赤道にそってラインを書いたボールを用意し、ラインと板目をそろえてボールを置きます。ボールのラインとフェース面が垂直になるように構えて打ってみましょう。転がるボールのラインの残像が左右に揺れていたら、きれいな順回転をしていない証拠です。きれいな順回転で転がすのは意外と難しいのです。この練習をすれば、アライメントのとり方と順回転させるストロークの感覚がつかめると思います。上達のコツは、フローリングの板目、ボールのライン、スタンス、肩が平行になるように意識すること。本物のボールを転がすとゴロゴロとうるさいので、ラインの入った柔らかい練習用のスポンジボールがおすすめです。これなら家族に文句を言われずに思う存分練習できます。ぜひお試しください。

fuamk
  • AGE:40代女性
  • AVERAGE:110-119
  • CAREER:5年

初心者の私がパター数を減らすことができた練習法

私がゴルフのコースに出始めた頃は、パットをつい1発で入れようとして大きくなり、パター数が増えてしまうことが多々ありました。力んでしまうことと、距離感の無さ、方向性が原因のようです。

パター初心者の私は、まずパター用練習マットを使って毎日練習することから始めました。自分は3Mのマットを購入しましたが、2M位からあるようです。しかし、毎日やっていれば当たり前のようにマットの上では入るようになり、そんな練習に当然のように飽きてきます。そこで、そのパター用練習マットを使って、カップに入れず手前で止めたり、またカップに入れてみたりとゲーム感覚で行ってみました。とにかく、パターの上達は練習時間に比例するといわれますので、毎日練習して感覚を掴むようにすることが上達法だと思います。また同時に、ショートパットの練習も行いました。通常のパッティングよりクラブを短く持ち、スタンスはごく狭くするか両足を付けた状態から打ちます。バックスイングをしないで、クラブフェースでボールを押し出すような感覚です。

方向も安定していなかったので、知人のアドバイスにより、ボールのエンブレムをカップなどの目標に合わせて構えるようにしました。初心者の方は、なんとなく構えるより具体的な目標があった方が、よりはっきりした方向が分かるようになると思います。

わーここ
  • AGE:30代女性
  • AVERAGE:110-119
  • CAREER:3年

パター初心者はまずボールを真っ直ぐ打ちましょう

私の場合コースに出た後もしばらくの間、パターでイメージ通りの方向にボールを打ち出せるまでに時間がかかりました。第一にボールをまっすぐ転がす技術の習得が必要で、そのためのコツとしては、スクエアに打てる感覚を養うことを意識しました。具体的には、一の字をなぞるように、下半身と頭を絶対動かさないのがポイントです。またグリップを確立できるまでも一苦労で、左右の手の一体感を感じられるように色々試した結果、最終的にはかなり個人的ですが、バレーボールのレシーブのイメージで、上下ではなく左右に手を動かすイメージに到達し、左人差し指と小指を絡ませ、ふっくら握るスタイルに落ち着きスイングがやっと安定しました。

おすすめの練習法は、カップに沈めるために20 cm先を狙う鉄則を意識して練習できるパターマットを購入し、自宅で毎日球を打つことです。パターもイメージを持ち続けることが重要なので、あまり時間を空けてしまうと打つ感覚を忘れてしまい、つまらないミスを繰り返してしまいました。

パターの上達法としては、ラインとボールを結んだ線上で自分から30 cm位のスパッツを必ず通す癖をつけ、ラインの読み方や素振りの回数等打つ前の自分のルーティンを早めに確立し、あまり悩まずに構えたらすぐ打つことが大切だと思います。色々考えると迷うばかりで集中できず、良い結果は生まれませんでした。

cochan
  • AGE:40代女性
  • AVERAGE:110-119
  • CAREER:5年

初心者だった私がパターを克服した方法

パター初心者の私は、なかなかパット数を減らすことができませんでした。距離感とパットのイメージが一致しないのです。また、ラインを読むといいますが、そのラインの読み方もよくわからず脇に流れることも多々ありました。

アベレージスコアが良くならないのはパット数が減らないからではないかと思い、それまであまりパットの練習をしていなかったのですが、自宅で練習をするようになりました。パター用練習マットを使って、1Mのパットと2Mのパットを、回数を決めて繰り返す練習法です。そうすることによって体の向き、構えなどの感覚が掴めるようになってきました。また、手先だけで打っていたことも分かりました。おへその下辺りに力をためて、 テイクバックをあまり大きくせず、手先ではなく肩から腕全体を使うようなつもりで打つと、パットが安定しやすいような気がします。ただし、あまり腕に力を入れずに。また、ボールは目の下と言われていますが、やや左に置くといいような気がします。

女性はパットの練習が少ないそうです。やはり、練習を重ねると感覚がつかめるようになりました。ラインをよむことも、最初の内は真っ直ぐなラインを入れたボールを使うと方向が安定する上達法のようです。いずれにしろ、自己流にならないように、上級者のアドバイスを求めることも大切だと思います。

じゃらんゴルフ編集部
じゃらんゴルフは、ゴルフ場予約も可能なゴルフ場情報サイトです。参画ゴルフ場が提供するプレープランが、インターネットで簡単に予約できるほか、会員による口コミ投稿など、ゴルフ場全般に関する情報が満載です。プレーの際にはぜひご利用ください。
ランキングクラブ別上達レッスン(パター)の人気記事
  1. 1
    no image
    2015.10.30
  2. 2
    no image
  3. 3
    no image
    2015.10.30
  4. 4
    no image
    2015.10.30
  5. 5
    no image
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑