じゃらんゴルフ > コンテンツトップ > クラブ別上達レッスン > パター > パターのグリップをクロスハンドにするメリットは?

パターのグリップをクロスハンドにするメリットは?

プロのパッティングスタイルを見ると、ひとりひとり、グリップの握り方が微妙に異なるのに気づくはずです。パッティングはショットと違って、スピードを出して振る必要がないので、合理的な握り方でなくても、自分が一番ストロークしやすい握り方であれば問題ないのです。

パターのグリップ方法は大別すると2種類

様々な握り方があるパターのグリップですが、大別すると2種類に分けられます。通常のショットと同じく左手を上、右手を下(右打ちの場合)にして握る「コンベンショナルグリップ」と、それとは逆に右手を上、左手を下にして握る「クロスハンドグリップ」です。最近はプロの間でクロスハンドグリップを採用する人の割合が増え、アマチュアにもクロスハンドで握る人が増えています。では、クロスハンドグリップで握るメリットは何でしょうか。

47-1

コンベンショナルグリップ

47-2

クロスハンドグリップ

クロスハンドグリップで握るメリット

クロスハンドグリップの最大の利点は、ストローク中の左手首を折らずに固定して打てるということです。コンベンショナルグリップを採用する人がいちばん避けたいミスは、ストローク中に左手首が甲側に折れることです。

 コンベンショナルグリップは左手首が甲側に折れる

47-4
この動きが入ると、自分の意図に反してヘッドの動きが大きくなり、フェース面の向きがずれたり、インパクトの力加減が強くなったりしてしまうからです。

47-3

クロスハンドは、左手でグリップの下のほうを持つことで腕をグリップに押し当てて固定することができ、左手首が甲側に折れるのを防ぐことができます。それにより、フェース面の向きが安定するので、特にショートパットで直進性の高いパッティングができるのです。

左手首が甲側に折れるのを防ぐことができる

47-6

フェース面の向きが安定する

47-5

植村 啓太
16歳からゴルフを始め、その後23歳の若さでツアープロと契約し、ツアープロコーチとしてデビュー。大場美智恵プロや服部道子プロをはじめ、現在まで多くのツアープロのコーチを担当する。2005年には自身が主宰する「K's Island Golf Academy」をオープンし、多くのアマチュアの指導にあたる。ゴルフ誌、ゴルフ番組をはじめ、幅広いメディアに出演し、ゴルフの魅力を伝えるとともに、インストラクターの育成にも力を注いでいる。
ランキングクラブ別上達レッスン(パター)の人気記事
  1. 1
    no image
    2015.10.30
  2. 2
    no image
  3. 3
    no image
    2015.10.30
  4. 4
    no image
    2015.10.30
  5. 5
    no image
キャンペーン無料でスキルアップ!お得なキャンペーンも

日付・条件からゴルフ場を探す

プレー日

 から

スタート時間

料金

連続枠

検索

ページの先頭に戻る↑